綿棒が黄ばむ!湿った耳垢はワキガ症の証拠!?簡易ワキガ診断の方法

耳垢とワキガ症の関係は

ネバネバ湿り気のある耳垢の人はワキガ症!と聞いた事がありませんか?
簡易的なワキガチェックに耳垢を判断材料に使えますが、耳垢が湿っていてもワキが出ない場合もあります。

粘ついた耳垢が出て『もしかしてワキガ!?』って不安を感じた人もいるかもしれません。

その理由を解説してみたいと思います。セルフチェックで不安を感じてしまった人もぜひ参考にしてみてください!

ワキガ症には汗腺の種類が関係している

エクリン汗腺とアポクリン汗腺についてでも解説しましたが、2種類の汗腺から出る汗には成分に違いがあります。
アポクリン汗腺からでる汗を表皮にいる常在菌が分解することでワキガ臭の原因となる

エクリン汗腺:99%以上が水、その他にナトリウム、尿素やアンモニアなど
アポクリン汗腺:エクリン汗腺の汗に加え、脂質やタンパク質、糖質

このアポクリン汗腺から出る汗を肌にいる常在菌が分解することでニオイの原因となり、アポクリン汗腺自体の量は人によって個人差があります。そのため、アポクリン汗腺が多い人はワキガ症になりやすいということになります。

なぜ耳垢でワキガ症かどうかの判断ができるのでしょうか?

耳にはエクリン汗腺がない

一般的なスポーツをした時にかく汗や暑い日にかく汗は、エクリン汗腺から出る無色透明で、99%が水分の汗であり、ニオイの原因にはなりにくいです。

このエクリン汗腺が耳の中(外耳道)には存在していません。

そのため、湿り気のある耳垢が出るということは、アポクリン汗腺由来の汗により湿り気を帯び、ネバネバの耳垢になったという関係性から、アポクリン汗腺が多い可能性が高く、ワキガ症の可能性が高まることが予測されます。

まとめると
耳垢が黄色い・湿っている ≒ アポクリン汗腺が多い可能性がある ≒ アポクリン汗腺から出る汗はニオイの原因になりやすい
といった関係から、耳垢が湿っている人はワキガ症である可能性が高いといえます。

耳垢の状態でワキガの酷さをチェック

耳垢の湿り具合にも個人差があります。

  1. まったくカサつきの無い耳垢
  2. 若干の粘り気を感じる耳垢
  3. 黄ばみを帯びた耳垢
  4. 茶色みを帯びて強い粘りのある耳垢

ざっくりとした分類をしました。

下に行くほどアポクリン汗腺の影響が大きく、ワキガの可能性が高まります。

ちなみに黒味を帯びた耳垢や、水分の多い場合、血が付く場合などは外耳道に傷がついていたり、外耳炎・中耳炎、体質の変化の可能性もありますので最寄りの耳鼻科への診察に行きましょう。(黒味を帯びている場合は、出血が影響している可能性があり、水分が多い場合は外耳・中耳などの細菌感染で炎症が起こり、ウミが出ている可能性などがあります。その他にもカビなどの影響で黒や白の耳垢が出る場合があります)

耳垢湿ってるけどワキガじゃない場合も!

外耳道にアポクリン汗腺が多い体質であったり、その他の炎症などの可能性もあるため、「耳垢が湿っている人=絶対にワキガ」というわけではありませんのでご注意を。

  • 炎症
  • 肥満

先程も記載しましたが、外耳炎などの炎症は耳垢を湿らせる一つの原因です。

ストレスは精神性の発汗を促すため、アポクリン汗腺のある外耳道にも汗をかきやすくなり、耳垢を湿らせる可能性が高まります。そのため、アポクリン汗腺が少なくても湿った耳垢になる場合があります。

その他にも肉食中心の場合や肥満でアポクリン汗腺が活性化し、体質変化で耳垢の粘りが強くなることもあるようです。

加齢で耳垢が湿ることもある

このように生活習慣のほか、耳垢は年齢とともに変化する場合もあります。
そもそも、アポクリン汗腺は思春期に活性化するため、10代の頃と耳垢の質が20代〜30代と変化していくこともあります。

イヤホン使用も耳垢が湿りやすくなる要因に

イヤホンは外耳道を密閉するため、耳垢が湿りやすくなります。
カナル型のイヤホンは外耳道の湿度を上げるため、耳垢の粘り気を増す可能性が高まる
カナル型イヤホン(耳栓のようなイヤホン)が主流になりました。一昔前のイヤホンはスポンジ状のクッションにまとわれた接触部でしたが、カナル型イヤホンはシリコン製で長時間使用で通気が悪いです。密閉性が高いため、外部からの遮音性が高いメリットがありますが、長時間使用すると耳内の湿度が高くなる可能性があります。

耳垢によるワキガ診断は、一定の指標として役立ちますし、耳の中の健康の指標にもなります。
急に耳垢の質が変化した場合は、注意が必要です。

耳垢によるワキガ診断は一つの指標として活用しつつ、耳の健康をチェックする方法として活用することをおすすめします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です