【アセtoニオイ】では汗と体臭にまつわる色々な情報を解説しています。
最近では『スメハラ』なんて言葉があるように、体臭へも気を配ることが社会的な常識になりつつあります。

そもそも論、日本人の体臭は人種で比較すると少ない傾向があります。
(黒人>白人>モンゴロイド(>日本人))

決して人種差別などではなく、統計的なデータがあります。

日本よりも海外の方が強い匂いで体臭をごまかす習慣があります。例えば強い匂いの香水は海外の方が多く存在しています。
体臭の薄いはずの日本人の方がニオイにデリケートなようです。

正直に言えば、スメハラという言葉自体が、逆セクハラの一つだとも思わないでもありません。
ニオイという「一つの個性」を排除していこうとする常識を主流とするような流れには排他的で、日本人の国民性の悪い部分のようにも感じます。

ですが、多数派は「無臭(に近い)」ひとたちが多い以上、仕方がありません。可能な範囲で対策して無難に過ごしていくというのが当サイトのコンプトです。

いわゆるワキガ臭の要因となる体の器官は、アポクリン汗腺という汗を出す器官に依存しており、日本人には少ない傾向があります。

少ないがゆえに、敏感に感じて拒絶反応が出るのが日本人なのかもしれません。

当サイトでは、デリケートなお悩みの『体臭と汗』について解決策をご提供していきたいと思います。

汗とニオイの関係

汗をかくとクサくなる。
そんなイメージがありませんか?

汗をかいて放置すると、どうしてもニオイの原因となりがちです。

これは間違いありません。

ですが汗にも種類がありますし、体質や常在菌によって体臭は異なります

体臭を気にしすぎて、汗を嫌うよりもしっかりと汗をかいて体質を変えることで、ニオイにくい汗になります。

体臭を気にしすぎるあまり、殺菌力の高いボディーソープでゴシゴシ洗う、などの方法は実は体臭を悪化する原因の場合もあります。

体臭というのは、常在菌と体からの分泌物が大きく影響しており、単純に洗浄で分泌物を減らしても、常在菌のバランスが崩れると皮脂バランスが崩れたり、体臭が強くなる場合があります。

正しい知識のもと体臭対策を行うことが重要です。

耳垢とワキガ症の関係は 綿棒が黄ばむ!湿った耳垢はワキガ症の証拠!?簡易ワキガ診断の方法 汗の悩みについて考える女性 汗腺の基礎知識:エクリン汗腺とアポクリン汗腺について